添加物のない映画

クリントイーストウッド監督

『15時17分、パリ行き (原題:The 15:17 to Paris)』

現在87歳のクリントイーストウッド監督は、俳優としての映画出演を経て今も映画を作り続けており、
先日『15時17分、パリ行き』を観に行きました。

映画館のアナウンスで、
「13時30分、15時17分、パリ行きの入場を開始いたします」
ん?何時??ってなるっていう (笑)

ここ10年の作品は、観る度、嗚咽。
嗚咽といって、ごーごーと涙を流すわけではなく、涙は少ししか出ないのです。
なのに、嗚咽。
これは一体どういう状態なのか。
お腹の奥のみぞおちの奥のところらへん。
その深いよくわからないところが、燃えるのです。メラメラと。
もし、立って鑑賞をしたら、腰が砕けてふにゃふにゃに崩れ落ちる感じ。

それくらい、「感動」ということばではとても表現のできない、深い何かがあります。

観たい人のために。観る人の為に。
ネタバレをしないように、『15時17分、パリ行き』の感想を書きます。

「添加物のない映画」。

フィクションでもない、ドキュメンタリーでもない。
新境地だと感じました。
実際の事件を元にした映画なのですが、3人のメインキャストは実際の3人。
俳優ではない、一般人。
これは公式の情報なのですが、私は事前情報ゼロで観たので知りませんでした。

自然も自然。演技かどうか?なんてことは一切意識させない。
有名な俳優さんではないんだな、と、思っただけです。観た事のない人だったから。

この映画は、とてつもなく地味で、決して観ていて楽しいものではありません。
映画を観に行こう!と思って、休日に楽しく観に出かければ、その地味さにやけどします。
あの有名なクリントイーストウッドの新作だ!とワクワクして観に行けば、最近のイーストウッドの作品の傾向を知らない人は、やっぱりやけどします。
15時17分の列車で、一体何があったんだ?! とんでもない悲劇、テロ!?、サスペンス!何があったんだ!的なテンションで観に行くと、それでもやけどします。

無駄なものを排除するシンプルな表現。
排除するというよりシンプルにしかなりようのない、イーストウッドの頭の中。
87歳にして、世界中に伝えたい明確なメッセージ。
イーストウッドおじいちゃんの、映画作りの経験値は凄まじいものがあります。
映画に出続け、創り続けたイーストウッドが辿り着いた場所。

賞賛すべき人間性とは何か。

こういう映画に出会った時の歓喜がたまらなく、私は映画を見続けます。
映画館という夢の詰まった場所、映像としての楽しさ、スクリーンの表面が感知できないほど物語と自分が融合する感覚、監督の感性に触れ私の中にそれが入ってきてしまう体験、今の私の器は何をどう感じ得て学べるのか、そして、哲学する。

 

私はイーストウッドのメッセージを受け取りどう行動できるのか。
確実に私の中の何か重要な部分に触れ変化させてくれた、素晴らしい素晴らしい映画でした。

あと何本彼の作品に、彼の考えに触れることができるだろう。

 

映画が好きです。映画のおかげで艶を保っていられます。15年間、映画を見続けています。隙あらば映画。*映画が私の感性を育ててくれた*国ジャンルは問わず観ます。ハリウッド映画はやっぱり面白いけれど、毒されないようにバランス良くいろんな映画を観ることを心掛けています。ホラーやスプラッタも大好きです。暗く深く小難しい映画、大好物です。生まれ変わるならナタリーポートマン、結婚するならラッセルクロウ。もしくはマシューマコノヒー。