ワールドカップで感じた日本の現状

2018年のFIFAワールドカップも佳境を迎え、決勝トーナメントでの試合が繰り広げられております。
サッカーファンの中には、連日寝不足の方も多いのではないでしょうか。
さて、ベスト8をかけた日本の試合が今日の深夜に行われます。
深夜の深い時間なので、観戦する際の体調管理は自己責任で応援しましょう!
日本の報道を見ていると不思議に思うことが多く、ブログのネタにしたいと思い書かせていただきました。

 

弱いものいじめの風潮

まず予選が行われる前、コロンビアとの試合は最低でも同点にして、
そうしたら決勝トーナメントの可能性はあるけど…と
日本代表は決勝トーナメントへ絶対進めないと言わんばかりの予想がそこら中で勃発しておりました。
(僕も決勝にはいけないと思っていた中のひとりですが)

そんな予想を良い意味で裏切り、日本はコロンビアに勝利しました。
そして2戦目はセネガル戦へと続きます。
試合結果は同点で、決勝トーナメントはお預けということに。
2戦目が終わった後の報道で毎日耳にするのは、ゴールキーパーの川島選手のミスを取り上げた批判的な報道の数々。

ここで思うわけです。

ちょっと待てと。。
日本は予選敗退という予想を覆して決勝へ行けるチャンスなのに、まだ前の試合でミスをした人間を叩いているのか。
どこへ向かいたいのですか?…と。

それでも3戦目のポーランド戦で試合に出場して頑張っている姿を見て、叩かれまくっても、そのプレッシャーと向き合い、立ち向かう勇気を持って過ごしていたんだろうなと川島選手に拍手の気持ちでした。

3戦目の後に、「ごめん川島」という人が現れて、若者に、川島選手のような精神を参考にしろよ。
みたいなニュースを期待したのですが、まあ今度は、監督批判でしたね。
賛否両論分かれておりましたが、やはり結果が全てかと思います。
本日の深夜に行われる決勝トーナメントの試合で、答えが出るのではないかと思います。

勝てば監督すごい!
負けたら監督のネガティブなニュース。

 

足の引っ張り合いばかりしていたら何も良くならない

もっと僕たちは表面的な部分だけではなく、storyに目を向けていかなければならないと思います。
そして、挑戦している人の気持ちをもっと尊重していけるような国になることを願っております。

ただのサッカーミーハーの意見ですが、お読みいただきありがとうございました。

1991年愛知県生まれ。高校を卒業後、自動車関係の仕事に就きながらも、友人からデザインの基礎を学びながら、独学でフリーのデザイナーとして独立をする。フリーでの活動を経て、2016年にマジで株式会社に拾っていただき今に至る。物事を深く掘り下げ、因数分解を解くような仕事を心がけている。